32コアくらいどーんと載っかってるマシンを組みたい欲求。

2019-05-20 08:26:37 +0900 [従者1] ますたーになりますたーっ!

東京電力から売電開始のお知らせが来ねえ…

ふと思い立って自宅Azure Stackの上で仮想マシンを作るなどした。

自宅用では保守費用とかサブスクリプション費用とか気にしなくて済むやつが良いっす。うん。

この辺は観測範囲の違いが大きいだろうな。

本気の基幹系とかだと7年保守できるRHEL…と言いつつサーバHW込みだとWindows Serverのほうが延長期間長いから選ばれたりするし、今どきのWebシステムだとOS標準パッケージが古すぎるのでRHELよりもUbuntu LTS系を選んだりもするし、ちょっとした中小企業のシステムでRHELの保守費用すらケチるであればCentOS選んだりもするけども。。。
AWSで動かすならEC2のお値段の中で頑張ってくれる意味でAmazon Linuxは良い選択だしな。
AzureでLinux?うーん…。

たぶんみんなが言ってる「サーバ用」「エンタープライズ用」の意味が違う。

きりの みなと 🈲 さんがブースト

エンタープライズ向けのリリースサイクルを最近のテクノロジは持ってないから相性悪いんでしょうなという感じがする。(Java とか node とか ruby とか)

きりの みなと 🈲 さんがブースト

CentOS むしろエンタープライズ向けという印象がある。(適材適所)

きりの みなと 🈲 さんがブースト

CentOS、意外とエンタープライズでも使われるんだけど…なんで使えないと断じられるのかがよくわからなくてな。

きりの みなと 🈲 さんがブースト

サーバー用としてもクライアント用としてもCentOSは実用性に欠ける

仮想マシンに対して続々と機能と役割やらなにやらデプロイされまくっているなう。

Ubuntuから直接リモートデスクトップすればええやん感もあるかもしれないけど、やっぱりWindowsにリモート接続するにはプロトコルとかAPIのオフロードとかの関係があってWindowsからリモート接続するのが一番安定して高速なんだよなー。

ちょっとややこしいけど、UbuntuのノートPC上のVirtualBoxでWindows 10を動かしてリモートデスクトップでAzure Stackのマシンにログオンしているなう。

もっと見る
自宅ラック Mastodon

自宅ラックな人たちのためのMastodon鯖です。 そうでないよ、という普通の人のために https://mastodon.chotto.moe/ をご用意しています。